FANDOM


心重ねる
18話
監督 イシグロキョウヘイ
脚本 吉岡たかを
前回 トワイライト
次回 さよならヒーロー
かをりの目を覚ますために願い出た学祭での連弾。出番が近づき緊張していたも吹っ切れて舞台に上がった。サプライズゲストが公生だということに驚く観客。

演奏が始まり出だしは快調に滑り出すが、けれど、公生が集中力を高めるとは戸惑う。練習と違う演奏に気圧されそうになるがは何とかそれに食らいつく。公生についていくことで自分が成長していることを実感する。そして、音楽の深さを知ったは、その深さに沈んでしまっている兄へ必死に想いをぶつける。演奏が終わると拍手喝采。その演奏をかをりは携帯電話を通し病室で聞いていた。演奏後、駆け付けた武士から武士が兄妹だという事を聞いて驚きコンクールで勝負しろと挑戦状をたたきつけられるというトラブルもあったがコンサートは無事に終わったのだった。
後日、公生かをりの見舞いに行く。そこでもう一度、君とを演奏する機会が欲しいと言う公生。戸惑うかをり。諦めかけていたかをりは再び演奏したいと思うのだった。