FANDOM


友人A
演奏1
監督 イシグロキョウヘイ
脚本 吉岡たかを
前回 第1話「モノトーン・カラフル」
次回 第3話「春の中」
公生たちはかをりが出演する演奏会に行った。その会場で、かつての神童・公生は注目を浴びる。そんな緊張感の走る会場で公生はかつて自分が出演していたコンクールのことを思い出していた。かをりの演奏は始まった途端に会場をどよめかせる。その強烈な個性に観客は沸き立ち、演奏が終わるとかをりは喝采を浴びた。けれど、審査員の心象は悪く。楽譜を無視した演奏はコンクールでは評価されなかった。コンクールでトップを取ることばかりを強いられていた公生はその評価よりも自分の表現を貫く様子にかをり驚く。結果的に推薦枠を得たが、楽しそうに演奏をするかをりのことが頭から離れない公生だった。